スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.25 Wednesday | - | - | -
624号室と私。

手術から2,3日たった頃。
とりあえず体も落ち着き、ごはんもすこしずつ食べられるようにはなり、
本来なら大部屋へ即移動だったんでしょうが…まだ個室暮らしをしておりました。
なんでかっつーと、おたふく風邪疑惑 だったからであります。

や、幼稚園でおたふくやったんですけど…?
なんか、耳の下が痛いわーとナースに言ったら、耳鼻科の診察やらで、
違うと思うけど用心のため一応検査して、結果でるまでに1週間かかるから、
と個室暮らしが延長されました。
まー、大部屋一回失敗してるからさ…むしろ気が楽だったんですけど。
ただ、個室だとナースたちも私に用があるときしかこないから、寂しいわね。

とかおもったら、検査結果でる2日ほど前に、フライング移動。やっぱり朝一で事前通達なし。
検査結果まだだけどいいの?ときいたものの、いいんちゃう~?な感じで…
日々の様子見てれば、熱も出ないし違うだろと思ったんかしらね。
ついに、また、大部屋であります。。。。。。。。

一番怖かったのは、前の部屋に戻らされること。
恐る恐るきいてみたらば、前とは違う部屋らしい。やった!!!!
今度は!なんとしてでもコミュニケーションをとるぞ!!!と意気込んで624というお部屋へ。
次の私の場所は左窓側。

今度はそれなりにカーテンがしまっているお部屋でした。
が、微妙な開き具合…
でもって、つくなり、NSTの機械つけていいですかーとかナースが言う!!
しょ、しょうがねえなあ…また、挨拶できないのかなあ…
と、ベッドに横たわり、機械をつけられて動けないこと30分。
なぜかお向かいの方が窓の外をみておられるのが、半開きのカーテンから見える!!
このチャンスをのがしてはならん!と一念発起して声かけました。
「鳥ですか〜?」


結論、たどたどしくも、交流成功!!!よかったーーーーーーーーー・゚・(ノ Д `)・゚・
その方とはその後1週間ほどしか同室ではなかったですし、その後も仲良しになったとかはないですが、
挨拶やちょっとした雑談はできたのでよかったです。
この方も入院長い組だったらしく、スペースがすんごいカスタマイズされていた…シーサーとかいた…

右となりの方には、うっすらあいた隙間に覗き込んで無理無理後挨拶。
「窓側暗いですよねー、うちとの間のカーテン、いつでもあけてくださっていいんで!」
この台詞、私の必殺技になりました…。
以前おかんの入院してたときに、窓際は暗い、とこぼしてたのを覚えていたので言っただけなんですが、
今後来る日と来る人にこの台詞いってたらば、いつの間にか、624は各々の意思でフルオープン部屋に。
カーテンを閉めるのは寝るときだけ。朝もおはようとともにフルオープン!昼寝も!ごはんも!
最後のほうにはNST中もあいてたこともあり…。
456月でね、エアコンまだだったので暑かったのもあるんでしょうね。
部屋に訪れるナースや先生に、皆のプライバシーは大丈夫かと心配される始末。
病棟イチ明るい部屋でしたわ…(カーテンでさえぎらないから)

そんな部屋になったおかげで、新しく入ってくる人とも皆仲良くなれました。
一歩踏み出してみるもんだな~。
 
2015.01.29 Thursday | 出産話 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2017.01.25 Wednesday | - | - | -
<< 手術と私 | top | 624号室と私。トラブル編。 >>
コメント
コメントする









| top |