スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.25 Wednesday | - | - | -
入院生活と私 その1
ことが動くときは動くもので。
切迫流産の兆候アリといわれ、あれよあれよという間に病棟にあがってきた私。
まあ、ちょっと早く入院することになってしまったけども、
これで無力症の手術して落ち着けば、帰れるよなーと楽観視の私。

最初に用意されたのは、MFICUという場所の個室でした。大部屋あいてなかったし。
MFICUってのは、「Maternal-Fetal Intensive Care Unit (母体胎児集中治療室)」の略だそうです。
つまり、リスクの高い人とか重篤な病状の妊婦を集中してみるところですよっと。
あら、そういって書くとなんか俺すごいことになってるみたい(笑)
初めての入院、初めての個室。
入院前から、大部屋だと同部屋の方とどうやって接すれば…!と悩んでいたので、
個室で気楽でした。
部屋自体は、リフォームから年数がたってないせいか、とってもきれいです。広いし。
ピンクが基調のやさしげな部屋。トイレ、シャワー付。
…とはいっても、ビジネスホテルより少々狭い感じですが、病室ですしね。
すんごい音量の空気清浄器と、ソファベッド、椅子、洗面所、ロッカー、ってとこでしょか。
窓からは、対岸の病棟が見えます。眺めが良いとはいえぬものの、問題はなしです。
むしろ、なにか動くものがみえるほうが気がまぎれる。

以下タイムスケジュール

6時 電気点灯
7時 夜勤ナースが胎児心音聞きに来る
8時 朝食
9時 日勤ナースによる検温血圧等の後、NST装着。30分ほどモニターの刑。
10時〜12時 自由時間。
12時 昼食
13時〜14時 自由時間
14時 ナースの巡回、胎児心音チェック
15時〜18時 自由時間
18時 夕食
19時〜20時 夜勤ナースが巡回、胎児心音チェック
21時 就寝

って感じ。自由時間は、何もなければほんとに暇ですが、
お風呂が入ったり、先生の診察、エコー検査、なんぞもあるので、最初はそんな暇感はなかったです。
入れ替わりたちかわりくるナースを眺め、生活に慣れるのにせいいっぱいでした。
夜寝れないかなーとかおもったけど、まあ、まあ、ってくらいは寝られ、
手術までの1週間、普通に過ぎていきます。
つわりさえなければ、1Fのカフェやらコンビニやらいってもよかったんですが、
なんせ前通るだけで吐く始末だったのでね…。
そういえば、病棟や部屋のにおいは吐くことなかったなー。


が、やっぱりね、重症患者用の部屋なのでね、大部屋希望している患者は(…だって、個室代かかるから…1万3千円/日)
3日後くらいに部屋移動を言い渡されました。
いきなり朝くるんだよねー、なぜか。事前通達なしに。

ついにきた。大部屋での生活が始まります。



 
2014.12.08 Monday | 出産話 | comments(0) | -
スポンサーサイト
2017.01.25 Wednesday | - | - | -
<< 近況 | top | あけましておめでとうございます >>
コメント
コメントする









| top |