スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.25 Wednesday | - | - | -
いまだ続いています読書週間

読書週間って、終わったんでしたっけ…?
ま、いいんですけど。私的祭りなので。

大量借りするようになって、一週間に一度くらいの図書館詣でに落ち着いてまいりました。
大体1日に読める量が1,5冊なので、まあそんなものかしらね。

日記ねたがないので、読んだ本のことでも。敬称略ですいません。


・江國香織は、昔から読んでる作家さんのひとりですが、
何度よんでも何をよんでも、ああ、これは男には読めない本だろうなあと、思う。
大抵出てくる女性が少し変わった、もしくは変わっているように感じられる文章で綴られるのに対して、
男性はだいたいがステレオタイプというか、わかりやすい人物像な気がする。
女から見た男、だからだろうか。タイプ分類されているというか。
それにしても、江國さんがかく小説は何小説なのかね?恋愛小説?といわれても、私にはピンとこないな…
言葉が美しいのがなにより好きです。

・恩田陸は、一時読み始めてから一気に読み散らかしてしまった。
あの読後感の悪さがたまらなくて、小説モードになったときには必ず読みますが
今回読んだ「私と踊って」
短編集でしたが、けっこう好きでした。むしろ短編集だからこそ、だれなくて一気に読めてよい。
もっとその世界観に浸りたい!という名残惜しさはあるけれども、そのあとは自分の想像力で補うしかない。
その短編集の中に、もとい、表紙にあった一作 「交信」。
たった1Pのそのなかに、全てが詰まっていて、うかつにも泣きました。
今までそれ関連のニュースとかみても、特に心動かされることなどなかったのに。
すごいなあ、と心からの賞賛を。


本格ミステリも読みますが、実はそんなに重きをおいていない。
謎解きできるほと頭良くないんで。このトリックはこうだ!といわれても、結局わからないこともしばしば。
でも、ミステリ、事件が起きて真相に向けて話が進んでいくものは好き。
恋愛小説も読むけれど、ヒロインが不治の病で…っていうのは読みません。
結局選ぶのは、ホラー風味のミステリーか、痛快小説とでもいうべきか、読後に爽快感のあるもの。
フィクションがすきですが、ノンフィクションなら、エッセイが好きです。他人の人生を追体験できるようなものがすきなのかもね。
ルポやドキュメンタリーはよみません。

さて。33歳になってこんなこといってますが、数年後にはまったくかわってるかもしれませんね。楽しみです。
昔はエッセイ嫌いだったしなーあははー

引き続き、オススメ本待っておりますよ…
今通ってる図書館は、どうも本からの押しが弱くてどーもいただけない。



 
2013.11.21 Thursday | 読書 | comments(2) | -
スポンサーサイト
2017.01.25 Wednesday | - | - | -
<< まだ続いてます。 | top | 旦那は出張なのれす。 >>
コメント
おお!エッセイも読むの?
ならば是非 林望 先生のイギリスもののエッセイが
おすすめだよー。

気が向いたら読んでみて〜。
| にしき | 2013/11/27 7:23 AM |
らじゃですありがとう!!
図書館に入ってるの確認しました!イギリスのは本館所蔵だったのでちょいと時間かかるかもだが(行きつけが分館なので)、林望先生読んで見るね!
情報ありがとーん(*´ー`*)

| 花綾 | 2013/11/27 7:47 PM |
コメントする









| top |